2018年06月17日

【大盛況!】第21回  LURU CLASSIC CAFE 映画を奏でるクラシック・カフェ vol.2

昨日のお昼は
『第21回  LURU CLASSIC CAFE 映画を奏でるクラシック・カフェ vol.2』が
開催されました。キャンセル待ちが出るほどの大盛況!ありがとうございます。



ご来場のみなさまには食堂ことぶきさんのお菓子もお召し上がりいただきながら
いよいよ映画音楽の世界へ!

トップバッターはアシュリンさん。
普段は北欧(フィンランド・スウェーデン)の伝統音楽を中心に演奏されています。
ハンマーダルシマーやティンホイッスルという中々普段目にする機会が少ない楽器での
奏楽にみなさん魅入られていました。中でも映画『犬神家の一族』の主題歌としても
なじみのある『愛のテーマ』は客席から『あ~』と声が上がるほど。

タイタニックのメドレーなど美しいハーモニー曲も演奏していただきました。


続いてはソプラノの谷野裕子さんとピアノ伴奏の船本真依子さん
谷野さんが映画好きと言う事でトークでも自分の好きな映画についてたっぷり語って頂きました。

『アメイジンググレイス』や『いつも何度でも』など谷野さんのきれいな歌声と、
船本さんの繊細なピアノがとてもマッチしていて癒しのひと時でした。


続いては以前 LURU CLASSIC CAFEにもご出演頂いた事もある
ヴァイオリン・コントラバス・ピアノのトリオ、ワコルダさん。

名作のニューシネマパラダイスなど選曲も素敵でその曲にまつわるお話も面白く
中でもチャップリンの『独裁者』の中で使用されているブラームスの『ハンガリー舞曲 第5番』の
説明がとても面白く、客席からも笑いが起こっていました。
説明にあった動画がこちら↓

これからは聞くたびにこのシーンを思い出しそうです。

一部の最後は碇理早さんのピアノによるアナと雪の女王から
『Let it Go』の歌詞を投影しみんなで歌おうのコーナーで終了しました。


二部は高野山在住で多彩な活動歴のフランス人チェリスト、ロビン・デュプイさんでスタート。

今回はオーバーヘッドプロジェクタとプロジェクターで画像を投影し、パソコンで音を流しながら
演奏して頂きました。アメリの『La valse』,、フランシス・レイの『男と女』、ジョー山中の
『人間の証明』などの曲が波の音や小鳥のさえずりに合わせ響くロビンさんのチェロの音色と
壁に投影される、様々な映像。それぞれが合わさりとても素敵なステージでした。


そして1部の最後にも出て頂いた碇理早さん。力強いピアノ演奏と歌声で圧巻の存在感!

トークも面白く、途中で衣装替えなどもあり演奏後に客席から『ブラボー!』と
大きな掛け声がかけられるほど。とても素敵なピアノステージでした。/


最後は出演者全員で『Over the Rainbow』を。10人がステージに上がっての演奏は素晴らしく
このコラボレーションは他では見れない貴重な演奏で幕を閉じました。

ご来場のみなさま、そして今回ご出演頂いたアーティストのみなさま
本当にありがとうございました!  


2018年06月03日

【ショパン一色!】小路里美 ピアノの世界 ~オール!ショパン・プログラム~

晴天に恵まれた昨日のお昼はピアニスト・小路里美さんの
『小路里美 ピアノの世界 ~オール!ショパン・プログラム~』が
開催され、ご来場のみなさまにショパンをたっぷりお聴きいただきました。

煌びやかなドレスに身を包んだ小路さん。
『3つのワルツ 第6番 小犬 変ニ長調』で幕を開けました。

今回は各曲の製作された年、ショパンの年齢、曲のタイトルの由来や
曲にまつわるエピソードなども説明してくださり普段聞き覚えのある曲も
知られていない事実などがあり、皆さん興味深く聞いておられました。

小路さんのピアノの、とても力強くて美しい音色がホールに響きます。、
お客さんの拍手も大きく、小路さんの演奏力に満足された様子でした。

『幻想即興曲 嬰ハ短調』、『エチュード集 第12番 革命 ハ短調』と続き
『ポロネーズ 第6番 英雄 変イ長調』で第一部は終了しました。

第二部は一部分にポーランドのクリスマスキャロルが引用されている
『スケルツォ第1番 ロ短調』からの『バラード第1番 ト短調』、大曲に向けて
POPでスマートな『M3.バラード第3番 ヘ長調』そして小路さんが一番好きな
「バラード第4番 イ長調 Op.47』と云うとても濃密な構成!

アンコールには『ワルツ嬰ハ短調 作品64第2番』が演奏され、普段なかなか聴けない
組み合わせで聴き応えたっぷりのオールショパン・プログラムは幕を閉じました。

ご来場のみなさま、小路里美さん、本当にありがとうございました!

official Facebook: https://www.facebook.com/Luruhall/
official homepage: http://luru.jp/hall/
    和歌山市狐島298-1 FOXYテラス1F
      CAFE TIME 11:00~20:00
         CLOSED:月曜日 
        TEL:073-457-1022  
タグ :小路里美


Posted by LURU☆STAFF at 15:45Comments(0)コンサート

2018年05月25日

Anil Eraslan(cello)from Berlin First Japan tour 2018 和歌山公演

昨夜は、ベルリン在住のチェロ奏者、アニール・エラスランさんが、
初来日の日本ツアーの和歌山公演。昨年ヨーロッパで好評を博した
さがゆきさんとの即興音楽のステージに沢山の人にお集まりいただきました。

東京や関東圏からお見えの方も見られ客席は満員!開演前から
熱い熱気に包まれていました。

即興演奏とは、楽譜などに依らず音楽を、即興で作曲または編曲しながら
演奏を行うこと(Wikipediaより)で、まさに『一期一会』な音楽。

アニールさんのチェロの心地よく低い音色が会場に響きます。
そこに卓上に箏のように置かれたギターを、さがゆきさんが
つま弾いて行きます。深い海の底で鯨が叫ぶようなイメージを
感じましたが、とらえ方は人それぞれ。まさに『十人十色』と
呼ぶにふさわしいパフォーマンスだと言えます。

さがゆきさんはギターだけではなく、VOICE(叫びだったり、囁きだったり)や
ステージのモノを打楽器にし、それにアニールさんのチェロが加わり
音を聴くというより、空間を聴く(共有する)ように感じました。

1部、2部ともほぼ休むことなく演奏され、二部ではさがゆきさんが
両手に鈴虫の鳴き声のような楽器(以前海外で購入し壊れた
探していて10年後にベルリンで見つけられたそうです)を持ち
客席を囁きながら回るパフォーマンスをされ、ステージを飛び出し
客席もお二人のパワーに引き込まれていく感覚でした。

終焉後のアンケートでは
・気づけばあっという間に時間が経っていました。時空を越えた気分です。
・浮世をしばし離れられた気がしました おはらいを受けた感じ
・宇宙音楽でした。  ・なんとも不思議な世界
・瞑想をしているようでとても気持ち良かったです など
みなさん各々の感覚で即興音楽の世界をお楽しみ頂けたようです。

ご来場のみなさま、アニール・エラスランさん、さがゆきさん
本当にありがとうございました!
  


Posted by LURU☆STAFF at 15:45Comments(0)コンサート

2018年05月20日

【大盛況!】第20回  LURU CLASSIC CAFE

昨日のお昼は、『第20回  LURU CLASSIC CAFE』が開催され
たくさんの方にご来場いただきました。ありがとうございます。



 1組目は初登場となる二胡の瓦野早紀子さんです。
瓦野さんは、二胡アンサンブル・紅弦でも活動されていますが
今回はピアノ伴奏で奏楽していただきました。
『蘇州夜曲』で始まり『ムーンライトセレナーデ』など耳なじみのある曲も多く
最後は、二胡の代表曲『賽馬』では颯爽と草原を駆け抜ける馬の姿が
浮かんでくるようなとても心地よい演奏でした。


 2組目は、オーボエの太田愛美さん。オーボエはギネスブックで世界で一番難しい
木管楽器として認定されている楽器で、MCでも難しさを話しておられました。
のだめカンタービレで黒木君が吹いていたモーツアルトの「オーボエ協奏曲」や
NHK連続テレビ小説あすかの主題歌『風笛』など聞いたことのある
オーボエの深い音色がLURU HALLに流れました。


 3組目は、LURU HALLでは初登場となるアイリッシュハープの川口麻紀さんと
フルートの岡本万貴さんのデュオ。アイリッシュハープとフルートで奏でられる
『グリーンスリーブス』はとても新鮮で異なる二つの楽器から流れる音色の美しさは
とても美しく、優しくホールを包み込みました。


 そして、最後に登場されたのが、ピアノの小泉乃林子さん。ブラームスやモーツァルトに続き、
リストの超絶技巧練習曲第8番『荒野の狩』この曲は冒頭からフォルティッシモ、
そして鋭いスタッカートが続き、まさに標題に相応しい荒々しさで締めくくられました。
終了後のアンケートでも小泉さんのピアノの技術を称賛するコメントも頂戴しました。

今回出演された演奏者さんは全員女性でとても華やかなステージとなりました。
ご来場のみなさま、瓦野 早紀子さん、坂本美穂さん、太田愛美さん、天本麻理絵さん、
川口麻紀さん、岡本万貴さん、小泉乃林子さん本当にありがとうございました!  


2018年04月28日

【女性DUO!】ソプラノ矢倉愛とメゾソプラノ堀内優子のユニット アイユウコ Duoの世界!

昨夜はソプラノ矢倉愛さんと、メゾソプラノ堀内優子さんの
ユニット、『アイユウコ』さんをお迎えして様々なジャンルの
Duoの世界を繰り広げていただきました!。ありがとうございます。

第一部はクラシック。華やかに『乾杯』で幕を開けました。アイユウコは2015年8月に
結成。その後はなかなかタイミングが合わず久々の再結成となりました。

2曲目はバルカローレ。伸びやかなお二人の歌声が交じり合い、LURU HALLに
響き渡ります。曲間に繰り広げられるお二人のゆる~いマイペースなトークが
とても心地よく面白くて、歌われてる時とのギャップと共に楽しめました。
お二人のソロ、『花の二重唱』と続き、第一部は終了しました。

第二部はホールニューワールドでスタート。
そして矢倉さんがSNSにUPした動画がキッカケにブルガリアで公演することになった
『恋のバカンス』、『恋のフーガ』今回初挑戦となる『他人の関係』と歌謡曲を
木谷悦也さんのピアノでお二人ノリノリで歌っていただき、客席も大盛り上がり!
『ノルマよ、見てごらん』で幕を閉じ、大きな拍手が沸き起こりアンコールへ。

アンコールは『猫の二重唱』、『オーソレミヨ』の2曲で楽しいコンサートは終了しました。
ご来場のみなさま、矢倉愛さん、堀内優子さん、木谷悦也さん、本当にありがとうございました!

















演:矢倉愛(ソプラノ)堀内優子(メゾソプラノ)木谷悦也(ピアノ  


Posted by LURU☆STAFF at 17:15Comments(0)コンサート

2018年04月22日

【和・三昧!】LURU CLASSIC 和 CAFE・春 津軽三味線 和太鼓 篠笛・鬼若座

一月に開催しご好評いただいた和をテーマにしたコンサート
『LURU CLASSIC 和 CAFE』今回は春をテーマに
邦楽ユニット鬼若座(おにわかざ)さんにお越しいただき
みなさまにお楽しみいただきました。



オープニングは 三木久美夫さんの津軽三味線による「十三の砂山」でスタートしました。
凛とした三味線の張りつめた音色がホールに包みます。

続いての津軽の響きで 田原由紀 さんの和太鼓が加わりヒートアップ!
身体にズンと和太鼓と三味線のコラボレーションがとても心地よく響きます。

そして民謡歌手 亀谷千香子さんの登場で「ソーラン節」
民謡、和太鼓、三味線、3つが一つになり和のグルーヴにテンションが上がります!

祇園小唄などをはさみつつ、三味線と篠笛による「荒城の月」と「月の砂漠」の
月繋がりの2曲。篠笛と三味線の音色がとてもマッチしていました。

曲間では三味線の調子(音階)を整える間に三味線の歴史や、部位の説明などを
わかりやすく、和歌山弁を交えながらお話ししてくださり、みなさん興味深く、時には
笑いが起こりつつも聞き入っておられました。 続いて「五木の子守歌」
「津軽甚句」「花笠音頭」が演奏されて1部は終了しました。

2部は「黒田節」で渋く始まり続いて三味線2棹で演奏されたオリジナル曲
「アトニッシュ」ハーモニーが綺麗で奥行きのある音色の曲でした。
そしてここからはギターの木下さんも加わり沖縄ソングコーナー。

三味線が三線に変わり「花」「ていんさぐぬ花」「涙そうそう」と
沖縄の曲を三曲演奏していただきました。

続いて民謡の独唱から始まる「津軽あいや節」三味線ソロの「津軽じょんがら節」
民謡と太鼓を交えての「津軽タント節」で幕を閉じました。

演奏後も拍手は鳴りやまずアンコールの「津軽じょんがら節」では
お客さんも手拍子、合いの手で大盛り上がり!和を満喫する楽しいコンサートでした。

来場のみなさま、鬼若座のみなさま、本当にありがとうございました!

official Facebook: https://www.facebook.com/Luruhall/
official homepage: http://luru.jp/hall/
    和歌山市狐島298-1 FOXYテラス1F
      CAFE TIME 11:00~20:00
         CLOSED:月曜日 
        TEL:073-457-1022  


2018年04月17日

【春爛漫!】井澤 章典のわかりやすいうたVol.2 春の会

テノール歌手の井澤 章典さん、去年11月の公演が好評につき
その第二弾が日曜日に開催されました。
https://www.facebook.com/events/1007727079376644/

『その日の感覚。というのを大事にうたいます。』と云う
井澤さんの想いから、あらかじめプログラムを作らず
その日に決めてうたって頂くコンセプトはそのままに
今回は『春の歌』をテーマに歌っていただきました。

前回に引き続きにほんのうたには、にほんのお菓子という事で
伝承紀風菓うたやさん、のにほんのお菓子
『上品な三色おだんごと和三盆糖の紅白のあや玉のセット』をお出しし
井澤さんのうたとともにお楽しみいただきました。

1曲目は滝廉太郎の『花』、井澤さんのやさしく柔らかい歌声と、
伊原さんの綺麗なピアノの音色がホールに響きます。

そして「わかりやすいうた」に欠かせないのが井澤さんのおしゃべり。
今回もわかりやすく面白いトークが冴え渡ります。お客さんを
巻き込みながら笑いを交えつつのトークに引き込まれます。

2曲目は春の小川、おぼろ月夜、こいのばり、茶摘みの
春の歌メドレー。まさに春一色のメドレーでした。

汗をかきながらの歌唱とトーク、ピアノの伊原さんとの掛け合いも絶妙で
小学唱歌とはなにか?など興味深い内容もたくさんでした。
日本歌曲や、クラシック、山田耕作、三好達治などを歌っていただきました。

第二部は木下牧子さんの「風をみたひと」から始まりました。
井澤さんの一番好きな曲で「テーマソングにしたい」と仰っていた1曲。
そしてボブチルコットの編曲による『おぼろ月夜』普段聞く『おぼろ月夜』とは
味わいも違いとても繊細な一曲。そして3曲目はお客さん全員での
『おぼろ月夜』井澤さんによる、わかりやすく面白い指導でとても綺麗な
コーラスがホールに響きました。上手に歌うコツは『アホになる事』だそうです(笑)

みんなが知ってるがキチンと聞いた事がないであろう(井澤さん談)『仰げば尊し』や、
山田耕作の『あわて床屋』『この道』、編曲違いの中田喜直『さくら横ちょう』
女優・岸田今日子の姉で詩人・岸田衿子の詩『花のかず』アンコールでは
ベートーヴェンの『アデライーデ』、立原道造の『夢みたものは』で幕を閉じ
春を満喫するコンサートとなりました。
次回は、秋の会。開催日が決まればご案内いたします。

ご来場のみなさま、伊原 敏行さん、井澤 章典さん
    本当にありがとうございました!

official Facebook: https://www.facebook.com/Luruhall/
official homepage: http://luru.jp/hall/
    和歌山市狐島298-1 FOXYテラス1F
      CAFE TIME 11:00~20:00
         CLOSED:月曜日 
        TEL:073-457-1022  


Posted by LURU☆STAFF at 15:45Comments(0)コンサート

2018年04月08日

【21日開催!】LURU CLASSIC 和 CAFE・春 津軽三味線 和太鼓 篠笛・鬼若座

一月に開催しご好評いただいた和をテーマにしたコンサート
『LURU CLASSIC 和 CAFE』今回は春をテーマに21日開催、
ご予約好評受付中、下記プレイガイドにてチケットの取り扱いもございます。

今回は邦楽ユニット鬼若座(おにわかざ)さんにお越しいただきます。
軽三味線、和太鼓、篠笛のコラボレーションが楽しみなコンサート。

LURU HALLでは初めてとなる民謡。その歌声がホールにどう響くのか?
三味線、篠笛、和太鼓と共にとても興味があります。

三木久美夫さんのFacebookによりますと
鬼若座メンバーの田原由紀さん御妊娠で今回を最後に当分は鬼若はお休みとの事です。
和楽器の音色、動きを間近で楽しめるコンサートをお見逃しなく!

春夏秋冬!日本音楽を楽しむVol.2
LURU CLASSIC 和 CAFE・春

鬼若座ーONIWAKAZAー
 心に染み渡る和の響き

鬼若座(おにわかざ)
津軽三味線奏者 三木久美夫 と 和太鼓奏者 田原由紀 と二人で
2016年4月にユニット結成 。 2017年6月より【鬼若】として活動開始 。
同年9月より 民謡歌手 亀谷千香子が参加し 【鬼若座】として活動を始め、
和太鼓 篠笛 津軽三味線に、民謡の歌声が響くユニットとして各地のイベント等で活動中。

=予定曲目=
● 創作オリジナル曲  津軽の響き ATONISH YOSARE 他
● 津軽民謡  津軽あいや節 津軽じょんがら節 津軽タント節 津軽甚句 十三の砂山 他
● 各地の民謡  ソーラン節 花笠音頭 祇園小唄 五木の子守唄 黒田節 他
● 昔懐かしい曲  荒城の月 月の砂漠 他
● 沖縄曲  てぃんさぐぬ花 花 涙そうそう 他

日時:2018年4月21日(土) 開場13:00 開演14:00
会場:LURU HALL  073-457-1022
入場:2500円(ドリンク付) 限定40席
出演:三木久美夫(津軽三味線)田原由紀(和太鼓、篠笛、津軽三味線)亀谷千香子(唄)
チケット:取扱いは、各出演者様と下記プレイガイド
     和歌山県民文化会館・和歌山市民会館
     LURU MUSIC(狐島FOXYテラス2F)
     
予約:電話予約(073-457-1022)で承ります。
   ・お申込み時に 4ケタの予約番号を申しあげます。
   ・当日、予約番号とお名前で、ご入場できます。
   ・ 受付時間:11時~20時 月曜定休
   ・1名様で4名様まで予約できます。
   WEBはこちらから、お申込みできます。
      http://musicmart-ticket.com/
   ・予約番号を返信させていただきます。

三味線、篠笛、民謡など和のテイストたっぷりのコンサート!
   みなさまのご予約お待ちしております!

official Facebook: https://www.facebook.com/Luruhall/
official homepage: http://luru.jp/hall/
    和歌山市狐島298-1 FOXYテラス1F
      CAFE TIME 11:00~20:00
         CLOSED:月曜日 
        TEL:073-457-1022  


2018年04月07日

【ワンコインで】LURU HALL CAFEの楽しみ方【フリーソフトドリンク】

    4月に入り暑い日が続いたと思えばここ数日はかなり涼しく
      ドリンクバーも暖かい飲み物がよく出ています。
    
    コンサートの下見にとホールに来店して下さる方もおられます。
  そこで今回は久しぶりにCAFE TIMEのシステムをご説明させて頂きます。

  LURU HALLはコンサートホールですが、コンサートやイベントのない日は
 基本月曜日を除く11:00~20:00までLURU HALL CAFEとして営業しております。
     
     ドリンクバー形式になってましてセルフサービス・おかわり自由の
     フリーソフトドリンク・ワンコイン500円で提供させて頂いてます。
     
~ラインナップは~
ジュース各種(コーラ、ジンジャエール、メロンソーダ、カルピス、カルピスソーダ)
珈琲各種(ホットコーヒー、アイスコーヒー、アメリカン、カフェラテ、エスプレッソ、カプチーノ)
紅茶各種(アールグレイ、ダージリン、オレンジペコー、ハーブティ数種類etc)
日本茶各種(緑茶、ほうじ茶、玄米茶)で時間制限はございません。
     
  ホール内には無料Wi-Fi、客席の下には充電用のコンセントもご用意しております。

  お気に入りの本を持ってくるもよし、ちょっとした勉強に集中するのもオススメです。

     それぞれのLURU HALLの楽しみ方を見つけて頂ければ幸いです。

      コンサート、イベントのお問い合わせご予約も受け付けています。

           みなさまのお越しをお待ちしております。

       official Facebook: https://www.facebook.com/Luruhall/
      official homepage: http://luru.jp/hall/
          和歌山市狐島298-1 FOXYテラス1F
            CAFE TIME 11:00~20:00
               CLOSED:月曜日 
              TEL:073-457-1022  

Posted by LURU☆STAFF at 15:45Comments(0)LURU HALL CAFE

2018年04月06日

【リアルギターマン!】手創りサランド・サウンドユニットによる 素のまんま!濱口祐自の世界 Vol.2

LURU HALL2周年記念コンサートでも
好評を博した、ピーター・バラカンや細野晴臣も絶賛!
和歌山@勝浦が育んだリアル・ギターマン、濱口祐自さん。
次回は10月開催!ご予約好評受付中です。
https://www.facebook.com/events/150022122337161/
まさにエモーショナル!伝説のシリーズ化がはじまるのか!?

予約開始直後からたくさんのお問い合わせ、
ご予約をいただいています。ありがとうございます。

是非是非お早目のご予約をお勧めします!

今回のコンサートに、精進cafe・ふぉいさん謹製
”ワインとオーガニック好きのギタリストの為の軽食BOX”が付くことになりました!

どのような中身になるのかとても楽しみです。
当日は演奏を聴きながらワインとともにお召し上がりください。
(ワインは別料金となります。)

=濱口祐自とLURUHALL=(Facebookイベントページより)
2018年3月1日、和歌山LURUHALL初公演。自身最高のノリという、自画自賛コンサートとなった。
会場の事前下見試奏から、既設されている世界最高峰のドイツ製d&b audiotechnikシステムを
使わないで、最適の手創りサウンドマシーンを持ち込み、期待以上の音空間を創るのに成功した
からだろう。彼のシステムは、パイオニアの3種6本のオーディオスピーカーを、ヤマハOEMという
カラオケDAMのアンプでサラウンドに鳴らすという想像を絶するもの。これを、30数種あるという
独自のエフェクトを曲に応じて使用し演奏するのだ。微細な音も、力強い低域も、その空間のなか
では実に心地よく響く。味のあるヴォーカルも交えて、「名曲揃いの超名演奏」と何度もステージで
口にするほど至福な演奏者は、当然すべての客席をそのオーラで包み込む。
50回以上は彼のステージをサポートしているというスタッフも驚くステージとなった。
この体験を次回はどのように進化させるのか!実に楽しみな濱口祐自とLURUHALLですの~。

素のまんま!濱口祐自の世界 Vol.2

 息を呑むピアノシモも
  こすれるようなスライドギターも
   このホールなら、心の奥まで届くだろう!

   まさにエモーショナル!素のまんま!濱口祐自の世界
     伝説のシリーズ化がはじまるのか!?

名称:手創りサランド・サウンドユニット持込による
   素のまんま!濱口祐自の世界 Vol.2
日時:2018年10月15日(日)開場16時00分 開演17時00分
会場:LURU HALL
   和歌山市狐島298-1FOXYテラス1F
出演:濱口祐自(ギター)
参加:5000円 (フリーソフトドリンク、オーガニック軽食付)
        アルコール、リクエストフードは別途
   全席ステージ向きテーブル席・限定40名様
     ホール平面図:https://goo.gl/1kcq9V
問合:LURU HALL
予約:電話予約(073-457-1022)で承ります。
   ・お申込み時に 4ケタの予約番号を申しあげます。
   ・当日、予約番号とお名前で、ご入場できます。
   ・ 受付時間:11時~20時 月曜定休
   ・1名様で4名様まで予約できます。
    WEBはこちらから、お申込みできます。
      http://musicmart-ticket.com/
   ・予約番号を返信させていただきます。

どんなアレンジでどんな曲が飛び出すのかとても楽しみなコンサート。  
     みなさまのご予約お待ちしています!

official Facebook: https://www.facebook.com/Luruhall/
official homepage: http://luru.jp/hall/
    和歌山市狐島298-1 FOXYテラス1F
      CAFE TIME 11:00~20:00
         CLOSED:月曜日 
        TEL:073-457-1022  
タグ :濱口祐自


Posted by LURU☆STAFF at 15:45Comments(0)コンサート