2018年09月16日

【大盛況!】第24回LURU CLASSIC CAFE【丸二年】

昨日の午後は『LURU CLASSIC CAFE』が開催され
たくさんの方にご来場いただきました。ありがとうございます。

おかげ様で丸二年24回目の『LURU CLASSIC CAFE』
トップバッターはクラリネットの梅本彩夏さんとピアノの岩橋美紀さん。
1曲目は佐々木亮輔の『クラリネットをこわしちゃった変奏曲』
みなさんご存知の童謡が大胆にアレンジされています。

MCでの歌詞の説明もありみなさん興味深く聞き入られてました。
その後は岩橋美紀さんによるドビュッシーのピアノ独奏
『君の香りは夕暮れの大気に漂う』そしてブルグミュラーの
『クラリネットとピアノのための2重奏曲』ではとても息の合った
音色を奏でて下さいました。


2組目はクラシックギターの小谷允城さん。今回はバリオスの
『フリア フロリダ』『ワルツの三番』『最後のトレモロ』そして
マイヤーズの『カヴァティーナ』を演奏していただきました。
とても心地よく優しく流れるクラシックギターの音色が
静寂のLURU HALLに染み入るように響きます。


3組目は毎回『LURU CLASSIC CAFE』で影アナもして頂いてる
福山ひでみさん。今回は芥川龍之介が大正13年に発表した作品
『桃太郎』みんなが知っている桃太郎を芥川龍之介の目線で大胆に
アレンジされた作品。様々な声を使い分ける福山さんの朗読の世界に
開場のみなさんもd氏おんどん引き込まれて行ってました。


最後はピアノの小泉友衣子さん。今回はソロでのご出演です。
まずはショパンのエチュード『別れの曲』『黒鍵』『革命』の3曲でスタート。
各曲の説明も解りやすくみなさん興味深く聞き入られていました。
そしてエルガーの『愛の挨拶』、リストの巡礼の年 第2年への追加
「ヴェネツィアとナポリ」S,162より第3曲『タランテラ』を演奏していただきました。
時にやさしく、時に激しく繰り出されるピアノの音色に客席のみなさまも
満足されており演奏後に大きな拍手が送られていました。

ご来場のみなさま、梅本彩夏さん、岩橋美紀さん、小谷允城さん
福山ひでみさん、小泉友衣子さん、本当にありがとうございました!
  


2018年08月19日

【大盛況!】第23回LURU CLASSIC CAFE【ピアノ三昧!】

昨日は『第23回LURU CLASSIC CAFE』が
開催されたくさんの方にご来場いただきました。
あリがとうございます。

先日LURU HALLにやってきたピアノ
『スタインウェイB211ハンブルグ(2018)』
その音色をみなさんに楽しんでいただくため
今回はピアノスペシャルでお届けしました。

最初は木谷悦也さん。最近は指揮者をなさるなど
多方面でご活躍されています。木谷さんはピアノは
もちろんの事、トークもとても面白く会場から笑い声が
起こるほど。木谷さん編曲の『さくらさくら変奏曲』
オリジナルの『星降る夜に~紀美野幻想曲』などを
演奏していただきました。


続いての演奏は顧 夢菲(グ メンフィ)さん。
ドイツに音楽留学されたり海外のコンクールに
出場し優秀な成績を成績を収めているメンフィさん。
ショパンの『エチュード作品25-3』とグバイドゥリーナの
『シャコンヌ』を演奏していただきました。とてもパワフルな演奏に
開場からもおおきな拍手が起こっていました。


続いては 瀧本裕子さん。何度かLURU CLASSIC CAFEにも
ご出演頂いていますがピアノが新しくなってからは初めての
ご出演となります。モーツァルトの『幻想曲K397 ニ短調』
ベートーヴェン 『ピアノソナタ第18番作品31-3』
シューベルト’『即興曲集 D870作品90より第2番 変ホ長調
第3番 編ト長調』と3人の作曲家の曲を演奏頂きました。


最後は兼子万実子さんと吉田寿美子さん。お二人は中田喜直の
四手連弾の為の組曲「日本の四季」より『1.春が来て、桜が咲いて』
『2.五月晴れと富士山』ブラームスのhsんがりー舞曲集より
『No。1 No.2 No.3』などとても息の合った連弾の演奏を
お話を交えながらご披露下さいました。

そしてピアノを導入するにあたり選定いただいた宮下直子先生が
サプライズゲストで登場。ピアノ選定の時のお話やエピソードの後
2曲演奏いただきました。 ピアノ三昧のコンサートにご来場の
お客様も大変満足のご様子でした。

ご来場のみなさま、木谷悦也さん、顧 夢菲さん、瀧本裕子さん、
兼子万実子さん、吉田寿美子さん、宮下直子先生、本当にありがとうございました!
  


2018年06月17日

【大盛況!】第21回  LURU CLASSIC CAFE 映画を奏でるクラシック・カフェ vol.2

昨日のお昼は
『第21回  LURU CLASSIC CAFE 映画を奏でるクラシック・カフェ vol.2』が
開催されました。キャンセル待ちが出るほどの大盛況!ありがとうございます。



ご来場のみなさまには食堂ことぶきさんのお菓子もお召し上がりいただきながら
いよいよ映画音楽の世界へ!

トップバッターはアシュリンさん。
普段は北欧(フィンランド・スウェーデン)の伝統音楽を中心に演奏されています。
ハンマーダルシマーやティンホイッスルという中々普段目にする機会が少ない楽器での
奏楽にみなさん魅入られていました。中でも映画『犬神家の一族』の主題歌としても
なじみのある『愛のテーマ』は客席から『あ~』と声が上がるほど。

タイタニックのメドレーなど美しいハーモニー曲も演奏していただきました。


続いてはソプラノの谷野裕子さんとピアノ伴奏の船本真依子さん
谷野さんが映画好きと言う事でトークでも自分の好きな映画についてたっぷり語って頂きました。

『アメイジンググレイス』や『いつも何度でも』など谷野さんのきれいな歌声と、
船本さんの繊細なピアノがとてもマッチしていて癒しのひと時でした。


続いては以前 LURU CLASSIC CAFEにもご出演頂いた事もある
ヴァイオリン・コントラバス・ピアノのトリオ、ワコルダさん。

名作のニューシネマパラダイスなど選曲も素敵でその曲にまつわるお話も面白く
中でもチャップリンの『独裁者』の中で使用されているブラームスの『ハンガリー舞曲 第5番』の
説明がとても面白く、客席からも笑いが起こっていました。
説明にあった動画がこちら↓

これからは聞くたびにこのシーンを思い出しそうです。

一部の最後は碇理早さんのピアノによるアナと雪の女王から
『Let it Go』の歌詞を投影しみんなで歌おうのコーナーで終了しました。


二部は高野山在住で多彩な活動歴のフランス人チェリスト、ロビン・デュプイさんでスタート。

今回はオーバーヘッドプロジェクタとプロジェクターで画像を投影し、パソコンで音を流しながら
演奏して頂きました。アメリの『La valse』,、フランシス・レイの『男と女』、ジョー山中の
『人間の証明』などの曲が波の音や小鳥のさえずりに合わせ響くロビンさんのチェロの音色と
壁に投影される、様々な映像。それぞれが合わさりとても素敵なステージでした。


そして1部の最後にも出て頂いた碇理早さん。力強いピアノ演奏と歌声で圧巻の存在感!

トークも面白く、途中で衣装替えなどもあり演奏後に客席から『ブラボー!』と
大きな掛け声がかけられるほど。とても素敵なピアノステージでした。/


最後は出演者全員で『Over the Rainbow』を。10人がステージに上がっての演奏は素晴らしく
このコラボレーションは他では見れない貴重な演奏で幕を閉じました。

ご来場のみなさま、そして今回ご出演頂いたアーティストのみなさま
本当にありがとうございました!  


2018年05月20日

【大盛況!】第20回  LURU CLASSIC CAFE

昨日のお昼は、『第20回  LURU CLASSIC CAFE』が開催され
たくさんの方にご来場いただきました。ありがとうございます。



 1組目は初登場となる二胡の瓦野早紀子さんです。
瓦野さんは、二胡アンサンブル・紅弦でも活動されていますが
今回はピアノ伴奏で奏楽していただきました。
『蘇州夜曲』で始まり『ムーンライトセレナーデ』など耳なじみのある曲も多く
最後は、二胡の代表曲『賽馬』では颯爽と草原を駆け抜ける馬の姿が
浮かんでくるようなとても心地よい演奏でした。


 2組目は、オーボエの太田愛美さん。オーボエはギネスブックで世界で一番難しい
木管楽器として認定されている楽器で、MCでも難しさを話しておられました。
のだめカンタービレで黒木君が吹いていたモーツアルトの「オーボエ協奏曲」や
NHK連続テレビ小説あすかの主題歌『風笛』など聞いたことのある
オーボエの深い音色がLURU HALLに流れました。


 3組目は、LURU HALLでは初登場となるアイリッシュハープの川口麻紀さんと
フルートの岡本万貴さんのデュオ。アイリッシュハープとフルートで奏でられる
『グリーンスリーブス』はとても新鮮で異なる二つの楽器から流れる音色の美しさは
とても美しく、優しくホールを包み込みました。


 そして、最後に登場されたのが、ピアノの小泉乃林子さん。ブラームスやモーツァルトに続き、
リストの超絶技巧練習曲第8番『荒野の狩』この曲は冒頭からフォルティッシモ、
そして鋭いスタッカートが続き、まさに標題に相応しい荒々しさで締めくくられました。
終了後のアンケートでも小泉さんのピアノの技術を称賛するコメントも頂戴しました。

今回出演された演奏者さんは全員女性でとても華やかなステージとなりました。
ご来場のみなさま、瓦野 早紀子さん、坂本美穂さん、太田愛美さん、天本麻理絵さん、
川口麻紀さん、岡本万貴さん、小泉乃林子さん本当にありがとうございました!  


2018年04月22日

【和・三昧!】LURU CLASSIC 和 CAFE・春 津軽三味線 和太鼓 篠笛・鬼若座

一月に開催しご好評いただいた和をテーマにしたコンサート
『LURU CLASSIC 和 CAFE』今回は春をテーマに
邦楽ユニット鬼若座(おにわかざ)さんにお越しいただき
みなさまにお楽しみいただきました。



オープニングは 三木久美夫さんの津軽三味線による「十三の砂山」でスタートしました。
凛とした三味線の張りつめた音色がホールに包みます。

続いての津軽の響きで 田原由紀 さんの和太鼓が加わりヒートアップ!
身体にズンと和太鼓と三味線のコラボレーションがとても心地よく響きます。

そして民謡歌手 亀谷千香子さんの登場で「ソーラン節」
民謡、和太鼓、三味線、3つが一つになり和のグルーヴにテンションが上がります!

祇園小唄などをはさみつつ、三味線と篠笛による「荒城の月」と「月の砂漠」の
月繋がりの2曲。篠笛と三味線の音色がとてもマッチしていました。

曲間では三味線の調子(音階)を整える間に三味線の歴史や、部位の説明などを
わかりやすく、和歌山弁を交えながらお話ししてくださり、みなさん興味深く、時には
笑いが起こりつつも聞き入っておられました。 続いて「五木の子守歌」
「津軽甚句」「花笠音頭」が演奏されて1部は終了しました。

2部は「黒田節」で渋く始まり続いて三味線2棹で演奏されたオリジナル曲
「アトニッシュ」ハーモニーが綺麗で奥行きのある音色の曲でした。
そしてここからはギターの木下さんも加わり沖縄ソングコーナー。

三味線が三線に変わり「花」「ていんさぐぬ花」「涙そうそう」と
沖縄の曲を三曲演奏していただきました。

続いて民謡の独唱から始まる「津軽あいや節」三味線ソロの「津軽じょんがら節」
民謡と太鼓を交えての「津軽タント節」で幕を閉じました。

演奏後も拍手は鳴りやまずアンコールの「津軽じょんがら節」では
お客さんも手拍子、合いの手で大盛り上がり!和を満喫する楽しいコンサートでした。

来場のみなさま、鬼若座のみなさま、本当にありがとうございました!

official Facebook: https://www.facebook.com/Luruhall/
official homepage: http://luru.jp/hall/
    和歌山市狐島298-1 FOXYテラス1F
      CAFE TIME 11:00~20:00
         CLOSED:月曜日 
        TEL:073-457-1022  


2018年04月08日

【21日開催!】LURU CLASSIC 和 CAFE・春 津軽三味線 和太鼓 篠笛・鬼若座

一月に開催しご好評いただいた和をテーマにしたコンサート
『LURU CLASSIC 和 CAFE』今回は春をテーマに21日開催、
ご予約好評受付中、下記プレイガイドにてチケットの取り扱いもございます。

今回は邦楽ユニット鬼若座(おにわかざ)さんにお越しいただきます。
軽三味線、和太鼓、篠笛のコラボレーションが楽しみなコンサート。

LURU HALLでは初めてとなる民謡。その歌声がホールにどう響くのか?
三味線、篠笛、和太鼓と共にとても興味があります。

三木久美夫さんのFacebookによりますと
鬼若座メンバーの田原由紀さん御妊娠で今回を最後に当分は鬼若はお休みとの事です。
和楽器の音色、動きを間近で楽しめるコンサートをお見逃しなく!

春夏秋冬!日本音楽を楽しむVol.2
LURU CLASSIC 和 CAFE・春

鬼若座ーONIWAKAZAー
 心に染み渡る和の響き

鬼若座(おにわかざ)
津軽三味線奏者 三木久美夫 と 和太鼓奏者 田原由紀 と二人で
2016年4月にユニット結成 。 2017年6月より【鬼若】として活動開始 。
同年9月より 民謡歌手 亀谷千香子が参加し 【鬼若座】として活動を始め、
和太鼓 篠笛 津軽三味線に、民謡の歌声が響くユニットとして各地のイベント等で活動中。

=予定曲目=
● 創作オリジナル曲  津軽の響き ATONISH YOSARE 他
● 津軽民謡  津軽あいや節 津軽じょんがら節 津軽タント節 津軽甚句 十三の砂山 他
● 各地の民謡  ソーラン節 花笠音頭 祇園小唄 五木の子守唄 黒田節 他
● 昔懐かしい曲  荒城の月 月の砂漠 他
● 沖縄曲  てぃんさぐぬ花 花 涙そうそう 他

日時:2018年4月21日(土) 開場13:00 開演14:00
会場:LURU HALL  073-457-1022
入場:2500円(ドリンク付) 限定40席
出演:三木久美夫(津軽三味線)田原由紀(和太鼓、篠笛、津軽三味線)亀谷千香子(唄)
チケット:取扱いは、各出演者様と下記プレイガイド
     和歌山県民文化会館・和歌山市民会館
     LURU MUSIC(狐島FOXYテラス2F)
     
予約:電話予約(073-457-1022)で承ります。
   ・お申込み時に 4ケタの予約番号を申しあげます。
   ・当日、予約番号とお名前で、ご入場できます。
   ・ 受付時間:11時~20時 月曜定休
   ・1名様で4名様まで予約できます。
   WEBはこちらから、お申込みできます。
      http://musicmart-ticket.com/
   ・予約番号を返信させていただきます。

三味線、篠笛、民謡など和のテイストたっぷりのコンサート!
   みなさまのご予約お待ちしております!

official Facebook: https://www.facebook.com/Luruhall/
official homepage: http://luru.jp/hall/
    和歌山市狐島298-1 FOXYテラス1F
      CAFE TIME 11:00~20:00
         CLOSED:月曜日 
        TEL:073-457-1022  


2018年03月18日

【華やかな共演!】第18回LURU CLASSIC CAFE

昨日の午後は第18回LURU CLASSIC CAFEが開催されました。

3月と言う事で出演者さんの衣装も華やか。最後の記念撮影では
みなさん勢ぞろいでとても綺麗で春らしいステージとなりました。

トップバッターはピアノの森下美和さん。

バルトークのルーマニア民族舞曲からプログラムは始まり
ショパンやブラームスなどの曲を時に力強く、時にやさしい
ピアノの音色がホールを包みました。

続いてはフルートアンサンブルの琳-RIN-さん。

普段は関西を中心に活動されており、一番遠いメンバーは
姫路からお越しくださいました。カステレードの「笛吹の休日」など、
それぞれの奏でるフルートの音色が重なり合いアンサンブルとなって
とても心地よい演奏を奏でてくれました。

3組目は朗読の福山ひでみさん。
今年の1月ご自身の朗読教室10周年を記念して作られた
朗読CD「芥川龍之介・藪の中」より抜粋して朗読して頂きました。
CDの音楽も担当なされた藤田泰成さんが、キーボードなどで
効果音やSEを鳴らし、朗読の世界をさらに際立ててくれました。

最後はリコーダーアンサンブルのconsonoさん。

メンバー5人がそれぞれ種類の違うリコーダー持ち寄り演奏してくれたのですが
本数は20本弱との事!みんなが知ってる、ソプラノやアルトはもちろん
二番目に大きいリコーダー「コントラバスリコーダー」などもあり曲間の説明に
みなさまも興味津々でした。5本のリコーダーが奏でる音色も小気味よく
とても素敵なリコーダーアンサンブルでした。

ご来場のみなさま、森下美和さん、 フルートアンサンブル琳-RIN-のみなさま
福山ひでみさん、藤田泰成さん、リコーダーアンサンブルconsonoのみなさま
本当にありがとうございました!

official Facebook: https://www.facebook.com/Luruhall/
official homepage: http://luru.jp/hall/
    和歌山市狐島298-1 FOXYテラス1F
      CAFE TIME 11:00~20:00
         CLOSED:月曜日 
        TEL:073-457-1022  


2018年03月16日

【当日券あり!】第18回LURU CLASSIC CAFE【明日開催!】

毎回ご好評頂いている『LURU CLASSIC CAFE』
第18回はいよいよ明日開催、当日券もございます。

4組のアーティストによる、ジョイントコンサート Vol.18
選りすぐりの名曲ばかり、飲み物と共にお楽しみください。

今回はピアノ独奏、フルートのアンサンブル、
朗読、そしてリコーダーアンサンブルと
聴きごたえのあるユニーク内容となっております!

1組目は、ピアノの森下美和さん。
ブラームスの小品とショパンの「幻想即興曲」「舟歌」
など人気のプログラム。

2組目は、大阪から三人の女性フルートアンサンブル・琳-RIN-さん。
J.カステレードの色彩感溢れる「笛吹きの休日」など。

3組目は、朗読の福山ひでみさん。
芥川龍之介の「薮の中」を効果のキーボードと共に、

4組目は、リコーダーアンサンブル・CONSONO。
「ダッタン人の踊リ」など名曲に、日本の童謡やポップスまで

日時:2018年3月17日(土) 開場13:00 開演14:00
会場:LURU HALL  073-457-1022
入場:1500円(フリーソフトドリンク付) 限定50席
出演:森下美和(ピアノ)
   琳-RIN-(フルートアンサンブル)
   福山ひでみ(朗読)藤田泰成(キーボード)
   consono(リコーダーアンサンブル)

チケット:取扱いは、各出演者様と下記プレイガイド
     和歌山県民文化会館・和歌山市民会館
     LURU MUSIC(狐島FOXTテラス2F)
      =2018年2月18日より=
     WEBはこちらから、お申込みできます。
      http://musicmart-ticket.com/

毎回ご好評いただいている土曜の午後のコンサート
   みなさまのご来場お待ちしています!

official Facebook: https://www.facebook.com/Luruhall/
official homepage: http://luru.jp/hall/
    和歌山市狐島298-1 FOXYテラス1F
      CAFE TIME 11:00~20:00
         CLOSED:月曜日 
        TEL:073-457-1022  


2018年03月14日

【今週末開催!】第18回LURU CLASSIC CAFE【予約受付中】

毎回ご好評頂いている『LURU CLASSIC CAFE』
第18回は今週末に迫りました。ご予約好評受付中です。

1組目は、ピアノの森下美和さん。
ブラームスの小品とショパンの「幻想即興曲」「舟歌」
など人気のプログラム。

2組目は、大阪から三人の女性フルートアンサンブル・琳-RIN-さん。
J.カステレードの色彩感溢れる「笛吹きの休日」など。

3組目は、朗読の福山ひでみさん。
芥川龍之介の「薮の中」を効果のキーボードと共に、

4組目は、リコーダーアンサンブル・CONSONO。
「ダッタン人の踊リ」など名曲に、日本の童謡やポップスまで

4組のアーティストによる、ジョイントコンサート Vol.18
選りすぐりの名曲ばかり、飲み物と共にお楽しみください。

日時:2018年3月17日(土) 開場13:00 開演14:00
会場:LURU HALL  073-457-1022
入場:1500円(フリーソフトドリンク付) 限定50席
出演:森下美和(ピアノ)
   琳-RIN-(フルートアンサンブル)
   福山ひでみ(朗読)藤田泰成(キーボード)
   consono(リコーダーアンサンブル)

チケット:取扱いは、各出演者様と下記プレイガイド
     和歌山県民文化会館・和歌山市民会館
     LURU MUSIC(狐島FOXTテラス2F)
      =2018年2月18日より=
     WEBはこちらから、お申込みできます。
      http://musicmart-ticket.com/

毎回ご好評いただいている土曜の午後のコンサート
今回もお早目のご予約をお勧めいたします.。

official Facebook: https://www.facebook.com/Luruhall/
official homepage: http://luru.jp/hall/
    和歌山市狐島298-1 FOXYテラス1F
      CAFE TIME 11:00~20:00
         CLOSED:月曜日 
        TEL:073-457-1022  


2018年03月09日

【4月は和!】LURU CLASSIC 和 CAFE・春 津軽三味線 和太鼓 篠笛・鬼若座

一月に開催しご好評いただいた和をテーマにしたコンサート
『LURU CLASSIC 和 CAFE』今回は春をテーマに4月開催です!

今回は邦楽ユニット鬼若座(おにわかざ)さんにお越しいただきます。
津軽三味線、和太鼓、篠笛のコラボレーションが楽しみなコンサート。
現在ご予約好評受付中。下記プレイガイドにてチケットの取り扱いもございます。

春夏秋冬!日本音楽を楽しむVol.2
LURU CLASSIC 和 CAFE・春

鬼若座ーONIWAKAZAー
 心に染み渡る和の響き

鬼若座(おにわかざ)
津軽三味線奏者 三木久美夫 と 和太鼓奏者 田原由紀 と二人で
2016年4月にユニット結成 。 2017年6月より【鬼若】として活動開始 。
同年9月より 民謡歌手 亀谷千香子が参加し 【鬼若座】として活動を始め、
和太鼓 篠笛 津軽三味線に、民謡の歌声が響くユニットとして各地のイベント等で活動中。

=予定曲目=
● 創作オリジナル曲  津軽の響き ATONISH YOSARE 他
● 津軽民謡  津軽あいや節 津軽じょんがら節 津軽タント節 津軽甚句 十三の砂山 他
● 各地の民謡  ソーラン節 花笠音頭 祇園小唄 五木の子守唄 黒田節 他
● 昔懐かしい曲  荒城の月 月の砂漠 他
● 沖縄曲  てぃんさぐぬ花 花 涙そうそう 他

日時:2018年4月21日(土) 開場13:00 開演14:00
会場:LURU HALL  073-457-1022
入場:2500円(ドリンク付) 限定40席
出演:三木久美夫(津軽三味線)田原由紀(和太鼓、篠笛、津軽三味線)亀谷千香子(唄)
チケット:取扱いは、各出演者様と下記プレイガイド
     和歌山県民文化会館・和歌山市民会館
     LURU MUSIC(狐島FOXYテラス2F)
     
予約:電話予約(073-457-1022)で承ります。
   ・お申込み時に 4ケタの予約番号を申しあげます。
   ・当日、予約番号とお名前で、ご入場できます。
   ・ 受付時間:11時~20時 月曜定休
   ・1名様で4名様まで予約できます。
   WEBはこちらから、お申込みできます。
      http://musicmart-ticket.com/
   ・予約番号を返信させていただきます。

LURU HALLでは初めてとなる民謡など和のテイスト
たっぷりのコンサート!みなさまのご予約お待ちしております!

official Facebook: https://www.facebook.com/Luruhall/
official homepage: http://luru.jp/hall/
    和歌山市狐島298-1 FOXYテラス1F
      CAFE TIME 11:00~20:00
         CLOSED:月曜日 
        TEL:073-457-1022